2022年11月17日

共著の論文がネイチャー・リサーチ社の「Scientific Reports」に掲載

共著の論文がネイチャー・リサーチ社の「Scientific Reports」に掲載

ZenmuTechは、量子時代の情報保護を見据えて、秘密分散技術および秘密分散を利用した秘匿計算の研究開発やソリューション提供を行っています。
自社開発の秘密分散エンジンを利用したPCの情報保護を実現する製品「ZENMU Virtual Drive」は、大手の電機製造グループや運輸業、保険グループ、コンサルティング会社をはじめとする多くの企業で利用されています。
また、秘密分散エンジンをSDKとして提供し、様々な企業のサービスに組み込まれています。
さらに、これらのデータを安全に保管する秘密分散ソリューションに加えデータの安全な利活用を可能にする秘匿計算データベースプラットフォーム「QueryAhead」を開発し提供しています。

この度、これまでの秘密分散技術および秘匿計算の関する実績を元に、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、国立大学法人京都大学、株式会社東芝が進める 「量子セキュアクラウドによる高速安全なゲノム解析システム」 の開発プロジェクトに参画し、その成果を共著として発表した論文が、ネイチャー・リサーチ社(英語版)が刊行しているオンラインでオープンアクセスの学術雑誌「Scientific Reports」に2022年11月2日に掲載されました。

■ プロジェクトに関するプレスリリース
https://zenmutech.com/20221117-02/

■ 論文情報
論文名: Secure secondary utilization system of genomic data using quantum secure cloud
掲載誌: Scientific Reports
DOI:
著者: Mikio Fujiwara, Hiroki Hashimoto, Kazuaki Doi, Mamiko Kujiraoka, Yoshimichi Tanizawa, Yusuke Ishida, Masahide Sasaki, and Masao Nagasaki

■ Nature Scientific Reports
https://www.nature.com/articles/s41598-022-22804-x

お問い合わせ





オンラインセミナー








CONTACT

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
オンラインセミナーも随時開催してます。

タイトルとURLをコピーしました