導入事例

TOP:無意味化によるデータセキュリティ > 導入事例一覧

導入事例一覧

ZENMU

ZENMU PCソリューション

ZENMU PCソリューション導入例

ローカルデータの情報漏洩対策には、様々なソリューションがありますが、「ZENMU for PC」および「ZENMU Virtual Desktop」は、独自の秘密分散テクノロジーにより、ユーザーデータをPCとクラウド上やスマートフォンなどの外部ストレージに分散管理します。PC内には、無意味なデータしか存在しないため、万一の盗難や紛失でも情報漏えいは起こりません。

導入例詳細はこちら

ZENMU for PC

三井倉庫ホールディングス株式会社様

図

三井倉庫HDがシンクライアントを普通のノートPCにリプレース
秘密分散技術でデータを保護

シンクライアントは昔から情報漏洩対策の有力な手段の1つとして定着しているが、コストや処理レスポンス、運用負担などの課題が依然として残っている。三井倉庫ホールディングスは2019年、8年以上にわたり使ってきたシンクライアントから脱却し、一般的なノートPCに秘密分散技術を組み合わせた環境にリプレースした。

導入事例詳細はこちら

 

ZENMU

ZENMU 業種別導入例

「ZENMU for PC」をはじめ、安全にファイルの送受信を実現する「ZENMU for Delivery」やシステム管理と情報管理を分離し、内部不正や成りすましによる情報漏えいを防ぐ「ZENMU for Meister」の導入事例をご紹介。

導入例詳細はこちら

ZENMU SDK

ZENMU SDK導入事例 - 株式会社ウフル -

様々なデバイスとクラウドとの連携を容易に実現するIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を展開する株式会社ウフルは、IoTソリューションのセキュリティの強化を図るためZENMUを活用しています。

導入事例詳細はこちら

ZENMU SDK導入事例 - 株式会社日立システムズエンジニアリングサービス -

高速データ転送ソフトウエアとAmazon Web Servicesのようなパブリッククラウドサービスを組み合わせて、データを細かいピースに分割し、大容量データの高速転送を実現。さらに、ここにZENMUを組み合わせて、情報の保護も同時に行っているのです。

導入事例詳細はこちら

ZENMU SDK導入事例 - 三井E&Sシステム技研株式会社 -

メールの添付ファイルを暗号化したり、圧縮したりするソフトは多数提供されていますが、ほとんどが送信側にも受信側にも 余計な手間を要求しており、利便性の面では課題を抱えています。 ZENMUを利用して、メールの添付ファイルを自動で秘密分散化し、メールとファイル転送サービスで安全に送付するソリューションです。

導入事例詳細はこちら

その他

お好みセキュアPC

一宮市役所

モバイルシンクライアントを活用し、外出先からの決裁やペーパーレス会議を実現利便性を損なうことなくセキュリティを強化し、デジタル市役所を推進

導入事例詳細はこちら(PDF)

 

▲ ページトップへ