最新情報

セキュリティ・コラム

コラム執筆 : MM総研所長 中島洋

技術コメント : ZenmuTech CTO 友村清

2017年10月25日

深まる「サイバー戦争」の危機

日本経済新聞に9月下旬に掲載された「サイバー戦争、迫る危機 ウクライナでインフラ打撃」と題した特集記事が情報関係者の間に波紋を広げている。社会の重要システムをサイバー攻撃から守る緊急性が浮き彫りになった...

詳細はこちら

2017年9月21日

医療データも共同利用へ ~拡大する情報共有分野、漏えいリスクも拡大~

情報の共有化は新しい知見を生み、経済や学術の発展を促す。ということで、政府は行政の保管するデータのオープン化を強力に推し進め、また、民間が保管する個人データについても個人情報保護法を改定、匿名加工したうえでの第三者への提供を認めた。ここから新たな経済価値が生まれる...

詳細はこちら

2017年5月11日

「どこでもカメラ」の安全と不安

東京メトロと東京都交通局(都営地下鉄を運行)は、乗客の安全対策の一環として、双方で所有する合計約3800両の全車両に防犯カメラを設置し、地下鉄車内の様子を「常時録画」することを決めた。公共空間での防犯カメラについては「プライバシー」か「安全」かの議論があったが、「安全重視」に落着しそうだ...

詳細はこちら

2017年4月12日

増加する「なりすまし」被害 ~秘密分散処理技術で防ぐ~

セキュリティソフト大手、トレンドマイクロは今後のサイバー攻撃の動向予測の中で「ビジネスメール詐欺」の増加と新たな「ビジネスプロセス詐欺」の出現に注目するよう警告している。いずれも「なりすまし」を手段にした「犯罪」である。 「ビジネスプロセス詐欺」は「ビジネスメール詐欺」のさらに進化形である...

詳細はこちら

2017年3月7日 「完全防御」から「危機管理」へ ~発想変わる情報セキュリティー~

興味深い調査結果が発表された。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が東証一部上場企業を中心に実施した「企業IT動向調査2017」によると情報セキュリティー被害に対処する専門組織「CSIRT」を設置する企業が増加し、全体の1割を超えたというのである。情報投資の中でもセキュリティー関連投資の比率が上昇している、とのことである...

詳細はこちら

 

▲ ページトップへ