Z E N M U   f o r   P C PCの社外持ち出しを自由に

SAFETY

PCを社外に持ち出す場合、盗難や紛失のリスクが発生します。

  • ・暗号化していても事故の場合は監督官庁への届出が必要になる。
  • ・シンクライアント化しても、オフラインでは利用ができない。
  • ・事前承認制ではその都度の設定で、手間やコストがかかる。

ZENMU for PCは、これらの課題やリスクを解消します。

ZENMU for PCの
3つのポイント

POINT 01

ZENMUドライブに保存されたデータを秘密分散
PC上のデータを無意味化して、一片を別の媒体に

ZENMU for PCは、データをAONT方式で秘密分散します。
一片をPCの内蔵ディスクに、もう一片をUSBやスマートフォン、
クラウド上などの外部ストレージに分散保管。
二片が揃わないとデータを読み取ることができないため、
一方を紛失しても情報漏洩になりません。

POINT 02

ZENMUドライブに保存されたデータを秘密分散
簡単な設定で、使い勝手良く

煩雑な設定は必要ありません。
PCに外部ストレージを接続すれば、仮想ドライブ上にデータが復元。
ファイルを仮想ドライブに保存するだけ。
外部ストレージを切り離せば、仮想ドライブが消え、データを使用することができません。

POINT 03

ZENMUドライブ
あらゆるデータに対応。
通常のファイル操作で

Microsoft Officeをはじめとしたアプリケーションファイル、
動画やプログラムファイルなど、あらゆるものが保管可能です。
Windowsの通常のドライブと同様に違和感なく使用できます。

PC持出し時の課題解決 ZENMU for PCを導入することで、様々な課題を解決します。

  • 暗号化の限界

    暗号化はデータの原本が存在するため、鍵を盗まれたり解かれたりした場合に漏洩リスクがあります。
    データが流出した場合、暗号化だけでは、情報漏洩事故として、監督官庁への届け出が必要です。

    ZENMU for PCは、PCと外部ストレージを切り離してさえいれば、どちらにもデータの原本が存在しないため、
    PCの盗難や紛失時も、情報漏洩リスクはありません。

  • オフライン環境では利用できない

    データを持出さないシンクライアントは安全ですが、移動中やネットワークの接続状況が悪いところでは作業できません。

    ZENMU for PCの利用により、必要なデータを仮想ドライブに入れて持ち出すことで、オフラインでの作業が可能となります。

  • 事前承認制による都度設定の手間やコスト

    PCの持出しを厳重に管理するために、その都度必要に応じた設定やデータ移行などが必要になり、
    そのための手間やコストがかかります。

    ZENMU for PCにより、普段利用するPCの持出しが可能となり、情報も安全に守ることができます。

導入メリット ZENMU for PCを導入することで、様々なメリットが得られます

  • CIO/CISO/経営層

    漏洩事件が起きると
    社会的制裁・経済的損失

    情報漏洩は社会的信用を失い、損害賠償や経済的損失が生まれます。さらに、対応には煩雑な社内手続きや監督官庁などへの報告が発生。

    ZENMU for PCであれば、一片だけでは
    データの復元ができないので、PCの盗
    難や紛失でも情報漏洩にはなりません。
    社内のセキュリティポリシーを変更し、
    PCの盗難や紛失を物損事故として
    取り扱うことが可能となります。

  • 情報システム

    厳重なセキュリティと
    ユーザビリティの両立

    強固なセキュリティ対策として、複数のソリューションを導入したりいくつもの社内手続が必要だったりと、多大な手間やコストが発生します。また、セキュリティ対策の裏で、ユーザビリティを犠牲にせざるを得ないという現状があります。

    ZENMU for PCにより、データそのもの
    を無味化して取扱うことで根本的な
    セキュリティ対策の変更が可能となり、
    セキュリティとユーザビリティとの
    両立を実現できます。

  • 営業およびモバイルワーカー

    非効率かつ紛失時の
    大きなペナルティ

    PCの持出し制限やデータの利用制限を設けられている状況では、非生産的で非効率なオペレーションは避けられません。さらに、万一の紛失時には、大きなペナルティが課せられます。

    ZENMU for PCの利用で、PCの盗難、
    紛失リスクから解放されます。
    働く場所を選ばず、日々の行動も
    自由になり、生産性の向上が見込めます。

SYSTEM システム構成

ハードウェア・スペック

ハードウェア要件
CPU インテル Core™ i3以上
メモリ 4GB以上
インストールボリューム
+仮想ドライブ容量
64GB(SSD推奨)以上
ソフトウェア要件
iTunes Ver 11.1以上
※外部ストレージでiPhoneを使用する場合は必須
オペレーティングシステム(OS)要件
Windows 7 SP1(32bit/64bit)
Windows 8.1(32bit/64bit)
Windows Embedded 8.1 IndustryPro(32bit/64bit)
Windows 10(32bit/64bit)
Windows 10 IoT(32bit/64bit)

ZENMU構成

基本構成
分割数 2分割(AONT方式)
分散ファイル1 PC本体のC:\ドライブに保管
分散ファイル2 外部記憶媒体
外部記憶媒体要件

外部ストレージとして、以下のいずれかが利用可能です。

USBメモリ
USB2.0以上(USB3.0/1GB以上を推奨)
iPhone
モデルiPhone 5c以上、iOS7以上
Android
対応機種に制限あり
Windows共有フォルダ
社内ファイルサーバ等
クラウドストレージ
Box社オンラインストレージ