最新情報

 

働き方改革の一環で、ZENMU for PCの採用が加速

“働き方改革”を情報セキュリティ面でサポート
「ZENMU for PC」最新バージョンを販売開始
~テレワーク時にも安心・安全なPC利用を~

2017年9月5日


 株式会社ZenmuTech(ゼンムテック、以下、ZenmuTech:代表取締役社長 田口善一、東京都品川区)は、2017年9月5日より、データの無意味化により「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティ インフラストラクチャ「ZENMU(ゼンム)」のPC版「ZENMU for PC」の最新バージョン3.3を販売開始します。


 ワークスタイル変革で働く場所が自由に選べても、PCの持ち出しで情報漏えいリスクが高まるのは問題です。データを無意味化してPCの内蔵HDDと外部記憶装置で分散管理するZENMU for PC。
 PCと外部記憶装置を接続して仮想ドライブ(ZENMUドライブ)が利用できる場合のみ、ユーザーのデスクトップ環境の利用が可能になる「ZENMUモード」の提供開始以降、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方ができるテレワークを推進するために、社外でも安心・安全にPCの利用が可能なZENMU for PCを採用する企業が増えています。


ZENMU mode

 ZENMU for PCのZENMUモードは、下記の機能をサポートしています。


 1) 仮想ドライブが利用できる場合のみ、ユーザーのデスクトップ環境の利用が可能に (ZENMUモード)
 2) Cドライブなど、仮想ドライブ以外の表示及びアクセスを制限可能に(ドライブマスク)
 3) デスクトップやマイドキュメント等に保存するデータを仮想ドライブに移行可能に(フォルダーリダイレクト)


 今回、新たにInternet Explorerのインターネット一時ファイルの保存先フォルダー(Temporary Internet Files)も、仮想ドライブへのリダイレクトが可能となりました。
 これにより、万一、ディスククリーンアップ機能やツールで削除されないインターネット一時ファイルが残っていても、ZENMUモードを終了すれば、PC内は無意味化された分散片しか残りませんので、予期せぬ情報漏えいを防ぐことが可能となります。


 ZenmuTechは、データそのものを無味化して取扱うことで、暗号化では実現できない高度なセキュリティとユーザーが意識しないで安心・安全が享受できるユーザビリティとの両立を実現するソリューションとして、企業や社会に役立つ製品を提供し続けます。


 ZENMU for PCの概要は、こちら
 ZENMUモードの概要は、こちら

▲ ページトップへ