「ZENMU」の3製品を提供開始

「全て」か「無」か。データの無意味化で、守らないセキュリティを
「ZENMU」の3製品を提供開始

2017年2月1日

  データの無意味化で情報漏えいリスクをゼロにする次世代のインフラストラクチャを提供する株式会社ZenmuTech(ゼンムテック、以下、ZenmuTech、旧株式会社TCSI:代表取締役社長 田口善一、東京都品川区)は、オープン・セキュリティ・インフラストラクチャ「ZENMU(ゼンム)」(旧PASERI)3製品、ZENMU for PC、ZENMU for Server、ZENMU for Deliveryを本日より提供開始します。


  情報を意味のないデータに変換して分割(無意味化)した上で分散管理することで、ユーザーが意識しないで安全を享受できる 「オープン・セキュリティ」 を提供する「PASERI(パセリ)」 のブランド名は、本日より「ZENMU」となります。それに伴い、既存3製品を新ブランド名にて提供開始します。


 PASERIの既存製品は、継続して提供するとともに、修正モジュールの提供やサポートは引き続き行います。


【提供開始する製品】

「ZENMU for PC」 (旧 PASERI for PC)

 PCの社外持出しを安全に行いたい_
 ネットワーク環境のないところでも安全にデータを活用したい_
 無意味化した分散片の一片をPCの内蔵ディスクに、もう一片をUSBやスマートフォン、 クラウド上などの外部ストレージに分散保管。二片が揃わないとデータを読み取ることができないため、一方を紛失しても情報漏えいになりません。


「ZENMU for Server」 (旧 PASERI for Server)

 パブリッククラウドを安全に利用したい_
 安価なストレージでも情報漏えいを防ぎたい_
 サーバ領域のデータを無意味化し、複数のストレージで分散管理。それぞれのストレージに保管された分散片だけでは、元の情報の内容を推測すらできないため、 ストレージが何らかの攻撃に遭い、分散片が盗まれても、 情報漏えいを防ぐことができます。


「ZENMU for Delivery」 (旧 PASERI for Delivery)

 重要データや大容量データを安価で、安全に、簡単に送りたい_
 期日前は非公開にしたい大容量データを一斉配信したい_
 送りたい重要データや大容量データを無意味化し、分散片を別々のルート(メール添付やインターネット、クラウド経由、第三者への委託)で送信。受信側は送られてきた分散片を合せるだけで、元の情報を復元可能なソリューションです。

 

 既存製品は、継続してお使いいただけますが、無償でアップグレードも可能です。尚、今回の名称ならびにバージョンアップに伴う新機能の追加はありません。

■ ZenmuTechについて   http://zenmutech.com
 株式会社ZenmuTechは、ユーザー視点に立って利便性を損なう事なく、あらゆるデバイスコントロールとセキュリティ対策も考慮したクライアント環境やインフラストラクチャを提供しております。
 データの無意味化で情報漏えいリスクをゼロにし、従来の暗号化技術では実現できなかった高セキュリティなソリューションを実現する「ZENMU(旧PASERI)」により、グローバル環境への進展を見据えた上で、革新的な技術力とオープンイノベーションによる創造力により「情報の安全」を提供し、広く社会に貢献します。