ロールバック機能で、さらに利便性が向上

PASERI for PCの機能アップで、さらに利便性が向上

2016年11月11日

 株式会社TCSI(以下、TCSI:代表取締役社長 田口善一、東京都品川区)は、情報を無意味化して漏洩リスクをなくすオープン・セキュリティ ソリューション 「PASERI(パセリ)for PC」の機能強化版であるバージョン2.3を本日より販売開始します。

 PASERI for PCは、情報を意味のないデータに変換して分割(無意味化)した上で、分散片をPC内のストレージと外部ストレージに物理的に分散保管し、盗まれても情報漏洩にならない状態にします。
 PASERI for PCをインストールしたPCに、あらかじめ設定した外部ストレージを接続するとPC上にPASERIドライブ(仮想ドライブ)が生成され、PC内の分散片と外部ストレージに保存されている分散片から、情報が復元します。
 ユーザーが意識しないで安全を享受できる 「オープン・セキュリティ」 を提供する製品として、PCを社外へ安全に持ち出したい企業などで導入が進んでいます。

 今回の強化点はロールバック機能です。
 PASERIドライブ(仮想ドライブ)を使用中に、万一、PCやタブレット端末に予期せぬトラブルが発生した場合、1世代前のデータに戻すことができます。
 これまでのPASERI for PCは、外部ストレージに保管した分散ファイルのみバックアップが可能でしたが、今回の機能強化により、ユーザーの利便性がさらに高まり、PASERI for PCの適用範囲が広がることが期待されます。

 paser pc 2.3

 

【PASERI for PC バージョン2.3概要】

■ PASERI for PC 2.3の追加機能
ロールバック機能
PASERIドライブ(仮想ドライブ)を使用中に、万一、PCやタブレット端末に予期せぬトラブルが発生した場合、1世代前のデータに戻すことができます。

* ロールバック機能を用いると分散ファイルのサイズは2倍になりますので、ご注意ください。

■ 発売日
2016年11月11日(金)

■ 既存製品からの移行
既存のバージョンをお使いのお客様は、無償でアップグレードが可能です。

【PASERI for PC」に関する概要】
製品URL: https://www.tcsi.jp/paseri