最新情報

Windows 10 IoT EnterpriseによりSurface 3をシンクライアント化

最新のWindows 10 IoT Enterpriseにより
Surface 3をシンクライアント化
- 9月2日から開催の FEST 2015で展示 -

2015年8月31日

 株式会社TCSI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 田口 善一、以下「TCSI」)は、最新の組込OSであるWindows 10 IoT Enterprise をSurface 3に搭載しシンクライアント化した端末を、9月2日から開催される日本マイクロソフト株式会社主催のイベント「FEST 2015」のマイクロソフトブースにて展示いたします。 

 最新のSurface 3とWindows 10 の特長を活用しつつ、組込OSの特長である書込み保護やロックダウンといった強固なセキュリティ機能により安心・安全に、モバイルワークスタイルの変革を実現できます。

 また、弊社独自のカスタマイズにより、ネットワークの接続状況に応じてユーザーが利用可能なアプリケーションを変更したり、不要なジェスチャー操作や外部デバイスを制御する等、生産性のさらなる向上を図ることも可能です。

 TCSIは、2004年から、汎用的なWindows OSをWindows Embedded OSに載せ替えて、それぞれの利用用途に応じてカスタマイズを行いシンクライアントや専用端末化するサービスを手掛けてまいりました。
 Surface Pro 3へのWindows Embedded 8.1 Industry Proの搭載をはじめ、各ハードウェアメーカー様のPCやタブレットの特長を活かしつつお客様要件に応じたカスタマイズを加えたシンクライアント端末は、既に金融機関・地方自治体・製造業などを始めとして多数の導入実績を上げています。

 

  『OSカスタマイズ・サービス』 の詳細は、http://www.tcsi.jp/embedded

 

■ 日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント

「株式会社TCSI様とは、Surface Pro3 をはじめ、各H/Wメーカー様のPCでのWindows Embedded OSの活用において、協業を進めてまいりました。 この度、Windows 10 IoT EnterpriseならびにSurface 3という最新の組合せで、さらにセキュアかつ利便性の高いシンクライアントを提供することが可能となります。金融機関をはじめ、マイナンバーや重要情報の利用をモバイル環境で利用する企業や公共機関の皆様にお役立いただけることを期待しております。」

日本マイクロソフト株式会社
コンシューマー&パートナーグループ OEM統括本部 IoTデバイス本部
業務執行役員 本部長  菖蒲谷 雄

■ カスタマイズ例

 customize 1

 

customize 2

■ 日本マイクロソフト主催 『FEST 2015 ~革新とその先への共創 ~』 の開催概要

  日時:9月2日(水)-4日(金)
  会場:ザ・プリンス パークタワー東京
  参加費 : 無料 (事前登録制)
  https://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/
  * 展示会場は、3日(木)午後からの開場となります。

▲ ページトップへ