「PASERI for PC」を発売

情報漏えいの最後の砦
PCやタブレットを盗まれても情報を守れる「PASERI for PC」を発売

2015年8月5日

 株式会社TCSI(以下、TCSI:代表取締役社長 田口善一、東京都渋谷区)は本年8月5日、サイバー攻撃による情報漏えいを強固に防ぐ秘密分散ソリューション 「PASERI(パセリ)」(以下、PASERI)のPC版「PASERI for PC」を発表しました。本年9月1日から発売します。 

 昨今の標的型攻撃は、もはや防ぐことはできず、ターゲットも大企業とは限らない状況になっており、「情報は盗まれるもの」としての対策が必要となっています。また、ワークスタイルの変革により、モバイルワークやテレワークの導入が進むなど、PCやタブレットを安全に社外へ持ち出すための仕組みが求められています。

 PASERI for PCは、秘密分散機能によって情報を意味のないデータに変換・分割し、一片を内蔵ハードディスクに、一片をUSBメモリーやWi-Fi経由のスマートデバイスなどの外部記憶装置、boxなどのパブリッククラウドに保管します。PCやタブレット端末から、万一、分割片を盗まれても、意味のないデータですので、情報の中身を復元することはできません。結果として、情報漏えいを防ぐことができます。

 従来から、PCやタブレット端末上の機密情報を漏えいや盗難から保護する方法は、共通鍵やPKIに代表される公開鍵を利用する暗号化をはじめ、多々存在していますが、万一、鍵の紛失や解読されると情報漏えいを防ぐことができないという欠点があります。

 これに対してPASERI for PCでは、前述のように、一片でも欠けると情報の一部ですら読みとることができないので、万一、端末が紛失や盗難にあっても、情報漏えい事件になりません。

 個人情報保護法の改定、マイナンバー制度の施行など法規制も厳重化される中、サイバー攻撃の増加や内部犯行による情報漏えい事故が増加傾向にあります。PASERI for PCを導入することで、情報システム部門や経営者は情報漏えい事故などのストレスから解放され、セキュリティを意識しなくても、情報を安全に守ることができます。

 今後、

  •     - マイナンバーや特定個人情報、重要情報が格納されているPCを社外へ持ち出す機会が多い企業や公的機関
  •     - PCの持ち出しが禁止されている士業の方々や金融・製薬・生保・建設・ICT業界の企業
  •     - ワークスタイル変革によるモバイルワークやテレワークを進めている企業や公的機関
  •     

 を中心にPASERI for PCの導入を推進し、発売後1年間で30万ライセンスを目指します。

 

(参考)

 TCSIの持つ他の技術と組み合わせることで、一時ファイルや自動バックアップファイルを含む、ユーザーが保管するすべてのデータを意識することなく秘密分散管理することが可能となります。ユーザーが行うことは、外部記憶媒体をPCやタブレット端末から分離して保管することだけです。
 また、分散片のバックアップとしては、オンプレミスのサーバーだけでなく、boxなどのパブリッククラウドに保管することが可能となります。

 

 PASERI for PCの発売を前に、既に20数社の企業様が導入に向けて検証中です。

【株式会社LIXIL様】

「株式会社LIXILでは、モバイルPCを暗号化して利用しておりますが、重要な情報の入ったPCをより安心して社外に持ち出せるよう、PASERI for PCの導入を前提として検証を進めております。
 PASERI for PCは、PC内には意味のないデータしか残さないことが可能となることから、モバイルPCの運用として高く評価しております。
 また、当社が活用しているクラウドストレージサービスのboxとの連携によりPASERI for PCの分散片をバックアップできることはデータ保全を図る上でもメリットが大きいです。
 モバイルPCを約10,000台以上所有している当社においては、PASERI for PCのシンプルな運用により、セキュリティコストを削減し営業現場での業務の利便性を損なわずセキュリティを確保できるしくみづくりを実現できるものと考えております。」

株式会社LIXIL
執行役員 Chief Information Officer (CIO) 兼) IT推進本部 本部長 小和瀬 浩之

 

 また、パートナー各社より以下のとおりエンドースメントをいただいております。

 

【株式会社ラック様】

「株式会社ラックは、サイバーセキュリティ専門企業の先駆者として、増え続ける標的型サイバー攻撃の対応に苦慮されている企業からの相談に対応するため、専門組織を7月に立ち上げました。また、より多くの企業が自助努力でも対応できるよう、セキュリティ対策の指南書を無償公開するなどの啓発にも積極的に取り組んでおります。
 今回発表されたPASERI for PCは、秘密分散技術を利用したソリューションのひとつとして実用化されたもので、ますます巧妙化する標的型攻撃に対する有力な防御策となっていくことを期待しております。
 私たちは、犯罪者による情報摂取で日本の夢が盗まれないために、新しいソリューションへの取り組みを応援します。」

株式会社ラック
取締役 最高技術責任者 兼 標的型対策本部 本部長 西本 逸郎

 

【株式会社 Box Japan 様】

「データの分散化によってデータをセキュアに保管することは、 情報漏洩対策として非常に効果的なソリューションと考えています。『Box』と『PASERI』が連携したソリューションでは、分散化した一片をセキュアなクラウドストレージに保管することで、より安全性・利便性を高めることが可能です。Box 連携機能を使うことで、お客様がよりセキュリティを強化できるようになることを期待しています。」

株式会社 Box Japan
代表取締役社長 古市 克典

 

【シーティーシー・エスピー株式会社 様】

「シーティーシー・エスピー(以下:CTCSP)は、このたびのPCやタブレットを盗まれても情報を守れる『PASERI for PC』の発売を歓迎します。
 CTCSPは、TCSI社との協業で、モバイルワークをセキュアワークにすべく、Windows Embedded OSを搭載し、カスタマイズした『Mobileシンクライアント端末:モバシン』を金融機関や公共機関を中心に提供しております。PASERI for PCの登場により、ユーザーがセキュアにアプリケーションやデータを持ち歩きたいニーズやオフラインでの作業も可能になりますので、お客様のビジネスが加速することを期待しています。」

シーティーシー・エスピー株式会社
執行役員 テクニカルソリューション本部長  金子 直裕

 

【アセンテック株式会社 様】

「アセンテック株式会社は、本日発表されるPASERI for PC販売開始を歓迎します。アセンテックは、これまで、仮想デスクトップ総合ソリューションベンダーとして、ハードウェア、仮想化ソフトウェア、セキュリティソリューションを提供してまいりました。
 PASERI for PCにより、セキュアに端末側での情報保持が可能となるため、オフラインでもPCが安心・安全に利用可能となります。これにより、ワークスタイル変革による、さまざまな環境下でのPCやタブレット利用に、新たな選択肢がご提案可能となると考えています。」

アセンテック株式会社
代表取締役社長 佐藤 直浩

 

【PASERI for PCの概要】

 

PASERI for PC

 

<PASERI for PC システム構成>

ハードウェア・スペック

CPU: インテル Core™ i3以上
MEM: 4GB以上
HDD: SSD 128GB/256GB以上(SSDを推奨)
OS: Windows 7 SP1、Windows 8/8.1、Windows 10
    Windows Embedded 8.1 Industry

PASERI for PC構成

分割数:2分割 (AONT方式)

分割1: PC本体のHDD内のC:\ドライブに保管

分割2: 外部記憶媒体

     スマートフォンなど
     ウェアラブル端末など
     USBメモリーなど
     ポータブルハードディスク
     ネットワークドライブとして認識できるストレージ
     * スマートフォンとの接続方法: BluetoothまたはUSBケーブル
      但し、iPhoneの場合、iOSの仕様上 USBケーブルのみ
     * Wi-Fiルータとの接続: USBケーブル

<発売日>

2015年9月1日(火)

 

<参考価格>

サブスクリプション ライセンス
  1ライセンス 9,600円(税抜‣保守料込)/年額 (1,000ユーザー以下)
  * 10,0001~30,000ユーザー では3,840円(税抜‣保守料込)/年額
パーペチュアル ライセンス
  1ライセンス 45,000円(税抜)+ 2年目以降、保守料10%/年額(1,000ユーザー以下)


* ライセンス単位は、OSインストールごと
* 1,001 ユーザー以上は、それぞれボリュームディスカウント
(出資比率51%以上の子会社・関連会社は合算可)

 

【秘密分散法について】

 秘密分散法は1979年にRSA 暗号方式の発明者の一人として有名な米国ワイズマン研究所のシャミア教授が、一定数以上の分散化されたデータを用いない限り、元データに関する一切の情報を得ることができない方式を考案しました。分散方式には、排他的論理和(XOR)や閾値分散法などいくつかの方式があり、その後も研究が進められています。

 PASERIが採用しているAONT(All or Nothing Transform)方式は、もう一人のRSA暗号の生みの親であるMITのリベスト博士が概念を考案したデータの変換方式で、元データに対してある演算をかけ、元データとほぼ同じ大きさの出力データを得ます。出力データのすべてのビットがそろっていれば容易に元データに復元することができますが、ある程度の数以上のビットがかけると元データへの復元が不可能になるという特性を持ちます。